株式会社 TAKUTO (旧 宅都プロパティ)の評判・クチコミ

不動産業界・地元エリアでの評判・クチコミ

大阪府大阪市に本社を置く『TAKUTO』は、以前まで”宅都プロパティ”という社名から変更になりました。
2021年に大東建託グループの『ハウスコム』に、仲介部門の売却および資本提携をしたことで業界内で話題になりました。

【業界からの評判】
1999年に創業されてから凄い勢いで賃貸仲介件数・賃貸管理戸数を飛躍させてきた宅都グループは、自己資本比率がかなり低く、レバレッジを効かせた上手な経営は業界内で有名でした。ハウスコムグループに入ることで経営の安定性を増すことが期待されており、大阪発祥の地場大手不動産会社として今後どのような発展を見れるのか興味深いですね。

買取・自己所有などの開発事業、サブリースを絡めた不動産売買・管理取得、など積極的な経営で成長してきたタクトグループですが、賃貸部門のみを切り離す決断をされたようです。近年の土地代高騰の恩恵を受けて、表向きの財務以上に含み益が出て絶好調である印象でしたので、今回のことは驚きました。色々な思惑や戦略があってのことと思いますが、個人的には大阪地場の大手不動産会社としてここまで成長されてきた企業のため、少し残念な気はします。

【地元のクチコミ】
宅都さんが管理している物件に住んでいますが、チャットで連絡できたり、入居者の感謝祭があったりと、入居者のことをよく考えてくれる不動産会社だなと思います。不動産会社には不満や要望などがある時しか連絡しないため、良いところを探すということが難しい業界だとは思いますが、コールセンターの方含めて皆さん本当に親切で感心します。

物件を購入してそのまま管理を依頼してますが、入居率・トラブル対応などでも全く不満はありません。提案内容もオーナー・投資家目線で話してくれるため、話が早くて助かります。

おすすめポイント
大阪地場の大手不動産会社
・賃貸管理戸数30000戸超
・入居者アプリなどを自社システム開発

会社概要

会社名 株式会社TAKUTO
代表取締役 太田 卓利
創立 1999年5月
資本金 100百万円

個人的な感想

大阪の地場不動産会社の中では、1番に名前が挙がってくる大手不動産会社の一つです。
宅都は「ミニミニ」のFC加盟店として関西エリアで初期からブランドを展開してきた立役者であったため、賃貸仲介部門の売却(+資本提携)というニュースは業界内でも非常に話題になりました。

金融緩和も終わり銀行融資も厳しくなってきた現在、今後も積極経営を続けるためには自己資本比率を改善させる必要があり、買取・開発・サブリースなどに注力した方が経営効率が良いと判断したのかなと思います。
経営上手でここまで拡大してきたTAKUTOグループが、どのような戦略で成長を遂げていくのか非常に興味深いですね!